Photo > 同好会での1年間を振り返って

同好会での1年間を振り返って菊池 伸

 去年のちょうど今頃、マイルを開いた僕の目に飛び込んできたのは「極真」の二文字。サークルで空手ができるんだ!と喜んだの覚えています。 しかし、僕の心にもうひとつの感情が現れました。 それは、大学のサークルでやってる人たちなんてレベル低いんじゃないかな?という驕りたかぶったものでした。 と、いうのも僕の高校生活は、空手に捧げた三年間でした。きつい稽古に励み、試合でもそれなりの結果を残し、自分は強いと思い込んでいたからです。

 でも、そんな気持ちも体験に行ったらすぐに、吹き飛びました。そこには、自分の想像をはるかに越える猛者がたくさんいました。

 後で聞くと、そんな猛者たちの中には、大学から空手を始めた人もいて驚きました。 と、同時になんでこんなに強くなれるんだろう?という疑問も生まれました。

 でも、その疑問は道場に行くとすぐに解消されました。全日本クラスの選手による丁寧な指導と強い門下生、充実したプログラムなど強くなるには充分すぎる要素が揃っています。 なので、大学に入ってたからの実力の伸びも半端ないです。

 最後に極真会館早稲田同好会では、どんなレベルの人も絶対に満足できる環境が揃っていると思います。

Copyright (C) 2005-2013 Kyokushin Karate Doukoukai, Waseda University. All rights reserved
サイトマップ
新入部員募集中
shinkan-page ↑新入生はこちらへ
最新レポート
newest-report 2016/12/15
冬季関東大会