About Us > 稽古について

同好会稽古とは

火曜日に新宿道場、木曜日は学生会館で行う稽古です。
世界クラスの先生方が教えてくださいます。
生徒は同好会メンバーだけです。 稽古後にはみんなでご飯を食べに行ったりもします。

大学で作る友達は一生の友だちです。
いっぱい汗流していっぱい遊んで、一生の友だち作りましょう。

実は、早稲田大学同好会に入れば、一般の道場の稽古にも参加することができるのです!
そこでは、黒帯の先生方の指導を受けることができます。

強くなるためには道場稽古への参加は必須なので、
週1回以上は道場稽古の方にも参加することを推奨しています。

道場稽古とは

 早稲田大学同好会の所属する東京城西支部の各道場にて行う稽古です。
社会人の方々と一緒に、黒帯の先生方の指導を受けることができます。

 ちなみに東京城西支部は、「チャンピオン製造工場」として格闘技雑誌にも特集されたこともある支部で、 2015年に行われた極真空手の世界大会には、3人もの日本代表選手を輩出しました。

 そんな世界クラスで活躍されている現役選手の先生方に直接指導していただけるサークルはうちだけではないでしょうか。

どのクラスも1時間?1時間半で集中してやるため、忙しい方でも継続して稽古に出ることができます。

また、指導は各人の体力に合わせて行われ、絶対に無理はさせませんので、
運動経験が全くない方や体力に自信のない方でも気軽に来ていただいて大丈夫です。

逆に、やる気体力のある方は、道場を自由に使って自主練や居残り練習をすることもできます。

(毎日多くの先輩方が居残り練習をしているので、稽古でわからなかったことを質問することもできます。
また、全国レベルで現役選手として活躍されている先生方に、マンツーマンで丁寧に教えていただけるチャンスもあったりします。)

どの稽古に出たらいいの?

同好会メンバーの親睦を深めるためにも、
同好会稽古にはできるだけ参加してもらいたいと思っています。

道場稽古の予定について詳しく知りたい場合は、
東京城西支部のホームページを見てみてください。

Copyright (C) 2005-2013 Kyokushin Karate Doukoukai, Waseda University. All rights reserved
サイトマップ
新入部員募集中
shinkan-page ↑新入生はこちらへ
最新レポート
newest-report 2016/12/15
冬季関東大会